樹乃葉について

当店は「天然ヘナ」を使用しするヘナトリートメントを中心としたサロンです。

ヘナは使い続けることで髪に「ハリ・コシ・艶」が取り戻せる高い効果を持ちながら、
人体にも地球環境にも優しい自然素材のトリートメントです。

当店で使用するヘナは一切添加物が含まれない「純粋天然ヘナ」のみ。

シャンプー、リンスは自家製のものを使用しています。

パーマ、カラー(ケミカルカラー)、トリートメントなどの化学薬品を使用する施術は一切おこなっておりません。

 

もともとケミカルクリニックの第一線で活躍していたオーナーが、自身の転機をきっかけにオーガニック志向に転身。

現在は、化学薬品は一切取り扱わず本当に髪と健康に良いものだけのみにこだわり追求しています。

 

ヘアカラー剤が体質に合わない方(しみる、かぶれる、痛くなるなど)

髪のハリ・コシ・艶が欲しいを取り戻したい方

化学薬品などの有害物を出来るだけ避けて生活したい方

環境に負荷を与えない美容を望んでおられる方に安心してお越しいただけるサロンです。

ヘナは一切添加物が含まれない「純粋天然ヘナ」だけを取り扱い、シャンプー、リンスは自家製のものを使用しています。

 長年の美容師としての経歴をいかし、ヘナで白髪を目立ちにくくしつつ、カットのみでできるヘアスタイルをご提案します。

 頭蓋骨矯正やヒーリングメニューで、ほかでは類をみない心身のリラクゼーションをご提供いたします。


オーナーの想い

 私が美容師を目指しはじめた頃、美容雑誌に掲載された記事に衝撃を受け、

日本で初めて純国産パーマ剤を製造した会社に参加するため上京しました。

 

これからの美容は傷めていた毛髪の治療と改善を目的としたケミカル・クリニックだと勉強し、16年ほど自身の店も開業していましたが、交通事故を機にスタッフに店を譲り第一線を中断。

 

休止中に今までのケミカル・クリニックに疑問を感じはじめ、施術してもその時良くなるだけで、

再度来店時にはまた酷い状態だった事がひっかかり続けておりました。

 

パーマはなぜ傷むのか?カラーはなぜ傷むのか?考えた末に気付いた事・・・。

パーマはかけず、毛髪は染めなければ傷まない!!という単純なことでした。

 

 

▼ヘナとの出会い

 

しかし、毛染めする事は傷むの分かってはいるけど、必要悪で止めれない。

何かナイものかと、探していた時町でちょくちょく見かけるようになった「へナ」

 

草木なので安全ではと思い調べだしたら、一昔前はインドから壁紙染着剤として日本に輸入されてる粗悪な物しかありませんでした。

 

その粗悪なヘナに化学物質(ケミカル薬品)を混ぜて、「A-5ランクへナ」とか「最高ランクへナ」として一般美容室にディーラーが卸していました。

何の勉強もしない美容師が疑いもせず施術して、「真っ黒になる!」「まったく染まらない!」としてクレームになり、ヘナは使えないというレッテルが貼られてしまっています。

 

ヘナはちゃんと理解し勉強すれば、凄い威力を発揮してくれます。

元々ハーブです。抗酸化作用・真菌やカビを防ぎタンニンが髪の芯から補強してくれます。

 

 

▼純粋天然へナへのこだわり

 

 

私は、以前の会社で美容師としは異例の劇毒物取扱者資格を取得して配合の手伝いもしていましたので、製品の裏を見ると大体が成分の検討がつきます。

 

でも、純粋天然へナは裏書が無いのです。一切添加物が無いのです。

当たり前ですが、ハーブです。草です。

中には弱い方もいらっしゃいますが、ケミカル・カラーと比べ物ならないほど安全性の高い製品です。

 

また裏に添加物の入っているへナは、万が一事故が起きた時には保険がきかず美容室の自己責任になる仕組みになっていますが、それを知らずに使っている美容師の方もいらっしゃるのが現状です。

当店ではそこまで注意し、厳選して選んでいます。

 

 

▼安全性の高い技術とサービスを目指して

 

環境にも少しですが配慮しております。

下水に流しても何も起こりません。微生物の餌になるだけです。

 

ケミカル・カラーの場合、シャンプーブースの配管に流した使い残りの薬品が付着して詰まります。

その水に触れる動物はカブレます。そこから、感染症を起こして死に至ります。草木は枯れので除草剤と同じです。

 

それを頭に塗ります。滲みて痛みが出ます。カブレます。

酷い時は、けい皮毒により有らぬ病気になります。

 

何度も言いますが、ヘナはハーブです。草木なので安全だと言うことです。

 

私自身も美容師ですが、ヘアー&へナセラピストと自負し、

何十年先を見据え、本当にお客様のためになる技術とサービスを追求してまいります。

 

 オーナー経歴

上京後、L.Bケミカル(株)に入社し、大門一夫に師事。これからの美容は傷めていた毛髪の治療と改善を目的としたケミカル・クリニックだと勉強し、平成6年にケミカル・クリニックの店を開業。先端技術の美容師として活躍するも、平成22年に交通事故によりスタッフに店を譲り第一線を中断。

休止中に、今までのケミカル・クリニックに疑問を感じはじめ、ヘナについての勉強を始める。
当時粗悪なヘナカラー剤が出回っていることを知り、純粋天然へナだけを厳選し取り扱うようになる。

平成30年、これまでの美容師としての経験と、純粋天然へナについて培った知識をもとにオーガニックサロンとして「樹乃葉(きりのは)」を開業。
元来より定評のあるヒーリングとあわせ、心身の根元からリラクゼーションできるメニューを提供している。